給排水図面をスムーズに~サクサクと効率が上がるヒミツ~

システム

給水管利用のために

給水管工事を行なう

案内

新築物件を建築される場合は、必ず水道は必要となってきます。 このことから、水道管の敷設工事を行わなければいけないこととなります。 大部分の、新築物件については、家を建築するときに、給水管の敷設工事も行うことになります。 近年では、フレキシブルと言った、つなぎめが数カ所しかない給水管があります。 つなぎ目が少ないということは、水道水の水漏れもあまり発生することもないということになります。 このような水道水の敷設工事については、家の中の水道管を屋内、公道に敷設してある大きな水道管を配水管といい、公道から水道メーターまでを公道扱いとして区分を分けて管理しているのが一般的であります。 管理を分けることで、自治体の区部を明確にしています。

申請について

給水工事を行うには、管理する自治体に申請を行わなくてはいけません。この申請には給排水図面の添付は必須ですので、近年では給排水図面をCADで作成されるのが多くなっています。 以前は全て給排水図面は手書きで行っていました。 しかしながら、給排水図面の作成には、かなりの時間を要することから、ネックとなっていました。 CADの導入によって、かなりの時間短縮できることとなり、スムーズに給水管の工事申請が自治体に申請できるようになっています。 給水管の管理については、多くのところでは、水道メーターにより区分が分けられているケースが多くあります。 水道メーターより中が個人、外が自治体管理と大部分がそうなっており、水道管の水漏れが発生した場合の修理についても、区分により、分けられることとなっています。

給排水工事の申請

案内

水道工事の申請には申請書類や給排水図面を提出しなければなりません。煩雑な作業ですが、自動作成ソフトを使うと便利です。全国市町村の申請書に対応しており、誰でも簡単に操作できるように作られているのです。

Read More...

水道の図面

案内

水道図面を描くにはこれまでは複雑で時間のかかる作業でした。しかしCADソフトが販売されることによって大幅に作業の手間が省かれることになりました。しかも無料で訪問や電話、あるいは遠隔操作でサポートが成されるので安心できるものになりました。

Read More...

システムを利用して

システム

水道図面の作成方法は、コンピューターによるデジタル技術の進化で変化しています。デジタル技術を活用することで、より良い水道図面の作成が可能となっています。ビジネスにはこうした新しい技術の活用が非常に重要となっています。

Read More...